スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

銀と金

 今晩ワ! RYです。
おおよそ1週間ぶりですか。

1 week で1タイトルで書いていく予定ですが、本日は結構眠くてどこまでかけるやら・・・。

銀と金 (1) (双葉文庫―名作シリーズ)
銀と金 (1) (双葉文庫―名作シリーズ) 福本 伸行

双葉社 2005-12
売り上げランキング : 47484

おすすめ平均 star
star本当の大金を掴むものは金に踊らされない。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ギャンブル漫画界の鬼才:福本伸行。
現在では多くの人が知る名前です。残念ながら男性への知名度が高いですが・・・・。
「アカギ」、「カイジ」等の漫画を知っている人は多いと思いますが、この漫画を
知っている人は世間にどれくらいいるのかな~!?と思いつつ書いています。

この漫画から「福本ワールド」の虜になってしまったという人も多いのではないでしょうか。
「アカギ」や「天」のようなマージャン一辺倒ではなく、また「カイジ」のように創作ギャンブル
でもなく一般にありふれたギャンブル=競馬、ポーカー等様々なものが題材になっている。
よくもまあそんな事を思いつくな~というのが最初の感想で、かなり興奮しながら一気に
読みきってしまいました。
最近久しぶりに1巻だけ読みました。結構内容を忘れているので結構楽しんでいます。

私がこの漫画でもっとも好きな勝負は「ポーカー」でした。
ポーカーは普通、得点の高い役を作ると勝てるというイメージでした。
ゲームセンターやカジノ等でも高得点役を作ると大きなメリットが発生します。
でも、そのような勝負にしないのが福本漫画のすごいところ。
詳細を話すと面白くないので、知らない方は読んで下さい。
賭け事が好きな人は絶対はまると思います。
女性にも面白いと思うんだけど、マージャン知らない人多いから、一部読んでも意味が
わからないかもしれないので、あまりお勧めはできないかも知れません。
知っている人は是非読んでみて下さい。

睡魔が襲ってきたので今宵はこれにて失敬 (=_=)//ByBy

 【前書き】
競馬場で平井銀二に声をかけられたことをきっかけに、悪党たちが金を握る裏世界で生きる事となる。相手の虚を天才的に見抜いて勝ちぬく鋭さを持つ一方、銀二たちにはない損得抜きの行動原理で動く事もあり、強運の持ち主でもある。欲望だけを追うことのない純粋さを見込まれて裏世界に引き込まれ、銀二の悪党ぶりと金を手にすることの天才的な才能に憧れて、「銀を超える金(キン)と呼ばれる人間になりたい」という志を抱くが・・・・・・


↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ルーキーズ

こんばんわ。RYです。
本読みサラリーマン会員No3です。
私は現在息抜きサラリーマンとして、息抜き本(いわゆる漫画)についてあれこれ
記載してみようかと思っている次第でございます。
決して漫画しか読まないわけではありませんが(笑)。

ROOKIES (1) (ジャンプ・コミックス)
ROOKIES (1) (ジャンプ・コミックス) 森田 まさのり

集英社 1998-05
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star川藤登場から野球部の心の闇まで
star現代のスポ根です。
star川藤先生、最高!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ROOKIES 【コミックセット】
ROOKIES  【コミックセット】
さて今回は、今ドラマで話題のルーキーズについて書いてみようと思います。
この漫画がJUMPで掲載されたのは、今から10年も前にさかのぼるんです。
森田先生の代表作はやはり「ろくでなしブルース」という概念があり、当時はそれほど
興味もありませんでした。決して読んでいなかったわけではありませんが。

時は流れ、2008年、突然ドラマ化。「何故今頃ドラマ化なのか?」と始まり当初は疑問
を持っていたが、見てみると結構面白いではないか。
で、早速漫画喫茶へ・・・・。
しかし、話題コミックの位置に陳列されており、2回も足を運んだが読めませんでした。
(まばらにはありました。)話題性の恐ろしさを痛感しました。

で、とりあえず数冊購入しました。最初の方の展開はドラマと一緒でした。
あれよあれよと15巻、現在も購読中です。
この漫画は、川藤語録(恥ずかしい用語を真顔で、さも恥ずかしげもなく言う)とそれに対する
部員の対応に面白みがあるように思われる。
自身は漫画のキャラと、実際の役者のギャップも楽しんでいますが。
代表語録:「明日にときめけ、夢にきらめけ」です。私はまず、そんな台詞はいえません。

なかなか明日(仕事)にはときめけませんが、夢(野望)にはきらめいているような気はしている
今日この頃。機会があれば、一度読まれてみてはいかがでしょうか。
あらすじの知らない方のために、下記に簡単に記載します。

では、今宵はこれにて失礼。

【あらすじ】
二子玉川学園高校、略して「ニコガク」へ赴任してきた新人教師「川藤幸一」。
ニコガクの野球部は、かつて甲子園出場まで果たしていた伝統ある部だが、現在では
不良たちの溜まり場。おまけに部員の起こした不祥事により活動停止。
そんな野球部を、野球の「や」の字も知らない川藤が自ら顧問となり、自暴自棄になっていた
不良たちの根性を親身になって立て直し、野球部の再建に乗り出す。そして・・・・・


↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM