<< 探偵ハンドブック  大徳直美 | main | 実は悲惨な公務員  山本直治 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

女はなぜ突然怒り出すのか?

こんばんは、たかです。

男女間の差を女性である著者が語る。この手の本の中ではかなり医学的、生物学的な匂いがする。と思ったら著者は心療内科医だそうだ。

女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)
女はなぜ突然怒り出すのか? (角川oneテーマ21)姫野 友美

おすすめ平均
stars女性の体のしくみがわかる!
stars男性と女性の架け橋に。
starsこの観点は素晴らしい!
starsなるほど!!
stars面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本書は、私が昔読んだ「話を聞かない男、地図が読めない女」とか「男は女より頭がいいか」とかと比較して、会話の描写がすばらしい。また、女の人が書いているというだけで妙な安心感があるな。同じ本を男の著者が書けばたくさんの反発がありそうだし。もちろん極端な表現もあるけど全体的には私の感覚で見るとバランスのいい一冊。

とはいえ、こういう本には必ずアンチがつくもんだと思うんですけど、そのアンチな人もたいていは血液型と性格には相関があると信じているようなのです。どうかんがえても血液型の差よりも性差の方が強く性格に影響しそうだと思うんだけど。

乗せるOSが同じでも違うCPUに乗せたら、こっちは計算が速いけど、あっちは画像処理が得意とかあるわけ。どっちが性能が良いとかじゃなく。だったら人間だってハードが違えば同じソフトを乗せても得意とか不得意ってのはありえるだろうし、性格をつかさどるハードに有意な差があるなら性格に有意な差はあってもおかしくないよね。その観点でいえば血液型は性格をつかさどるハードに有意な差が現れるという積極的な証拠もないんだからもっと懐疑的な人が多くてもよさそうなんだけどなぁ。

などと語ってはいますが、現実問題として会話の中で、血液型と性格の相関を否定したり、男女差について語るのは非常に危険。あきれた顔で「これだからB型は…」とか言われるわけです。

目次(amazonより)
第1章 どうして女はいつもこうなんだ!
  ―男をイライラさせる「女脳の秘密」(女はなぜ、突然怒り出したり、泣き出したりするのか?
 女はなぜ、喫茶店で2時間もしゃべり続けられるのか?
 女が「私の話を聞いてくれない」と怒り出すのはなぜか?
 女はなぜ、男を困らせるわがままをわざと言うのか?
 女は男の夢やロマンをなぜ、受け入れられないのか?)
第2章 女は悪魔か?それとも天使か?
  ―恋愛・セックス・結婚…「女の罠の科学」(女はなぜ、恐ろしいほどに男の浮気を嗅ぎつけるのか?
 女は「許されない恋」にどうしてあこがれるのか? ほか)
第3章 男と女はやっぱり別の生き物!?
  ―男には理解できない「女の体のフシギ」(「花の命は短い」にもかかわらず、女はなぜ、長生きするのか?
 女はなぜ、生理になると、何もできなくなるのか? ほか)
第4章 お願いだ、これだけはやめてくれ!
  ―男が困らされる「女の行動戦略」(女はなぜ、女同士お互いに足を引っ張り合うのか?
 女はなぜ、化粧のノリが悪いくらいで不機嫌になるのか?
 普通に接したつもりがセクハラと騒がれた、なぜだ?
 女はなぜ、自分だけ「いい子」になりたがるのか?
 「私と仕事とどっちが大切なの」と女が詰め寄る理由は?)
第5章 女を敵に回すか味方につけるかでは大違い!
  ―男がおさえておきたい「女対策のツボ」(女がブランドのバッグを欲しがるのはなぜか?
 女がメニューを選ぶのに時間がかかるのはなぜか? ほか)

JUGEMテーマ:新書

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 23:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
はじめまして。
管理職として女性の扱いに悩んだときに、
であったのがこの本です。女性を客観的に知り、女性と男性の違いが理解でき、この本は非常に役に立ちました。
はじめまして、ゆきさん。

実際役に立つ…という以上に、
違いを認められるようになり心情的にラクになる気がしますね。
  • たか
  • 2008/07/07 9:51 PM
性差というよりは、脳差なんじゃないでしょうかね。
男性でも行動や反応がまったく女だという人がいるのは
やっぱりいわゆる「女脳」のせいでしょう。
  • おまる
  • 2010/01/30 6:58 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM