<< しゃべれどもしゃべれども | main | 「超」発想法 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

著作権という魔物

こんばんは、たかです。

「著作権という魔物」でございます。著者が著作権に関係する人たちにインタビューして、それを記事にしているもの。もともとは週間アスキーで連載されていたものらしい。
目次
1.テレビ局を震撼させた下町の小さな商店
2.ロケフリは何をもたらすのか
3.録画ネットはなぜ違法とされたのか
4.コロロジストと著作権
5.米国に見る日本の未来
6.日本ブランドは世界に流通するのか
7.停滞し続ける日本のビジネス
8.権利者にとっての著作権
9.著作権の番人『JASRAC』
10.テレビに未来はあるのだろうか(前編)
11.テレビに未来はあるのだろうか(中編)
12.テレビに未来はあるのだろうか(後編)
13.著作権法の問題点について考える
14.ネットの自由を守るため
15.自由競争の果てにあるもの
面白いと思うのは9章の「権利者にとっての著作権」と10章の「著作権の番人『JASRAC』」。権利者の立場で語る人と、権利を守る立場で語る人のスタンスがまるで違うんだ。各章の小見出しを抜き出すだけでもそれが良くわかる。9章は「アートは模倣から始まる」「活用されないのが一番マイナス」、10章は「著作権の制度には長い歴史がある」。著者自信が前者寄りの人で全体のだいたい論調は決まっているんだけど、それぞれの立場の人のセリフはやっぱり思惑が透けて見えて面白い。

私も基本的には「活用されないのが一番マイナス」だと思うんですよね。著作権法の目的は
この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。
なので、文化の発展の妨げになるようなら著作権はある程度制限されてしかるべきだと思うんだ。9章の人はその観点で語っているのに対して、JASRACの中の人は本来目的じゃなく手段であるはずの権利保護の観点で語っているので議論がかみ合わないってことだと思う。

本来の論点は著作物を自由に使えるようにして2次創作やパロディが増え、多くの人が著作物に格安で触れる機会を増やすのが文化的に良いのか、あるいは権利をがっちり守って著作者の創作意欲を増進するほうが文化的に良いのか。そのバランスをどう取るかであって、権利者の権利をどうやって守るかではない、と思っている。

そういや、本書では映像関係の話が多くて、一部音楽の話題があるんだけど、書籍とか絵画とかの話題は全然ない。他でもあまり見ないので、インターネットの存在はそちら方面にはあまりインパクトがないってことなのかな?Googleが全ての書籍を立ち読みできるようにするとかいう話もあるけど、まだそれほど問題視されてないような気がする。って書いて思ったけど、そちら方面はテレビ局とかJASRACみたいな巨大な利権団体がないってことか。うん、そんな気がしてきた。

著作権という魔物 (アスキー新書 65)
著作権という魔物 (アスキー新書 65)岩戸 佐智夫

アスキー・メディアワークス 2008-05
売り上げランキング : 7288

おすすめ平均 star
star加筆・修正???

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

JUGEMテーマ:新書

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 00:01
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM