<< ドバイにはなぜお金持ちが集まるのか | main | ラクをしないと成果は出ない >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ブッダのことば―スッタニパータ

こんばんは、たかです。

「ブッダのことば―スッタニパータ」でございます。本書によれば、「スッタニパータ」は仏教書の中で最も古い聖典の一つということで、人の解釈があまり入らず生の釈尊の言葉にかぎりなく近い。むずかしいかと思ったら思ったより読みやすい。

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)
ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)中村 元

岩波書店 1958-01
売り上げランキング : 903

おすすめ平均 star
star読めば読むほど・・
star折にふれ、読んでみたい心の詩
star初心者入門書にはおすすめできません

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

で、読んで感じるのは釈尊と言う人は別に新しい宗教を始めようとしたわけじゃなさそう、ということ。当時のヒンドゥ教というかバラモン教というか、インドの土着の信仰を持った人に対して当時の価値観で道徳とか生きる道を説いているんだ。たとえば259の「諸々の愚者に親しまないで、諸々の賢者に親しみ、尊敬すべき人々を尊敬すること、――これがこよなき幸せである。」なんかは、親が子供に対して「あの子と遊んじゃいけません」って言ってたり、私立のいい小学校に行かせたがる姿を思い浮かべてしまったよ。

ヒンドゥ教も日本と同じく多神教なので、説法のなかで神々に触れることも語っているし、ヒンドゥ教の死生観として輪廻を前提として話をしているところもある。だから、仏教は多神教で輪廻転生という死生観を持つのだ、という言い方もできるかもしれない。ただ、それは当時釈尊の話を聞く人がそういう信仰を持っているからそのように語っているだけであって、それが仏教として前提であるべきかどうかはそれぞれの人の解釈で変わってきそうな感じだな。

で、前提となく死生観が違うから中国やら日本やらではこういう原始的な仏教ではなく、それぞれの土地の死生観と混じった変な仏教が流行してしまうと。そして最近インドで仏教が復興しつつあるらしいと聞くけど、前提となる死生観は当時とそう大きく変わっていないだろうからわりと原始的な仏教がすんなり受け入れられるのかもしれないな。

実は本書のうち半分は注釈でできている。本文にはかなり*マークがつけられていて注釈に飛ばされるんだ。かなり事細かに書かれていてわずらわしいので注釈は全然読んでないのでかなり誤読しているかもしれませんが、まぁ、私は仏教徒じゃないのでこれでよかろう。

JUGEMテーマ:文庫
↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 18:56
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM