<< 私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723)) | main | 800字を書く力 (祥伝社新書) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518)

こんばんは、たかです。

「グーグルが日本を破壊する」です。破壊力が描かれているというよりは、現状の解説書、というかんじ。興味を持ち始めた人は楽しめると思う。
(↓なか見検索で立ち読みできます)
グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518) (PHP新書 518)
グーグルが日本を破壊する (PHP新書 518) (PHP新書 518)竹内 一正

PHP研究所 2008-04-16
売り上げランキング : 1812

おすすめ平均 star
star細部はおもしろいけど、大筋がわかりにくい
starOSがブラウザの付属品
star刺激的なタイトルと本文

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以前書いた、「グーグルに勝つ広告モデル」は既存のメディアからの目線で対インターネットを眺めていたんだけど、本書はグーグルを中心にすえてそちら側からの目線で既存のメディアや、マイクロソフトやYahooなどのライバルを眺めている。

目線がグーグルを中心にすえられている割には、見方がフェアというか、グーグルを必要以上に持ち上げないところに好感が持てる。検索が1社独占になる危険性や、検索以外の収益性の低さにも触れ、当然グーグルが新聞やテレビに与える影響などが描かれているが、これが非常に淡々としている。ちょっとね、淡々としすぎていて個人的には若干退屈。

この方面に興味があってすでに何冊か本を読んだ人だと知っている話が多いかもしれないけど、実はグーグル以外の話題の小ネタが充実している。ただね、やっぱり小ネタなんだよな。この本を読んで衝撃を受けるようなことはあまりなかった。最近興味を持ち始めた人にとっては、今置かれている状況をすごくわかりやすく解説した本だと思う。なか見検索もできるしたちよみしてみてくださいませ。

JUGEMテーマ:新書

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 23:08
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM