<< ゴールデンスランバー | main | 夢をかなえるゾウ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

仕事は楽しいかね?

ども、ダイスケです。

最初ですので、私が最初に読んだビジネス本「仕事は楽しいかね?」から。

仕事は楽しいかね?
仕事は楽しいかね?デイル ドーテン Dale Dauten 野津 智子

きこ書房 2001-12
売り上げランキング : 1674
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

将来に対する夢も希望もない「私」と、偶然出会った高名な実業家との会話を軸とした小説仕立ての一冊。

タイトルからしてドキッとさせられるこの本ですが、序盤のこの言葉にはさらに心に突き刺さりました。

人生とは、くだらないことが一つ
また一つと続いていくのではない。
一つのくだらないことが<何度も>繰り返されていくのだよ。


ビジネス本を読むようになったきっかけの一つに

「毎日、次から次へとうんざりするようなことばかり。なんで仕事ってこんなにつまらないの?」

という思いがあった私としては目から鱗が落ちる一文でした。

確かに、一つ一つの作業を見ると別々の「くだらないこと」ですが、仕事をする上で作業が自分の所に回ってくるのは当たり前のことで、それらは意味があること、つまり「くだらなくはないこと」のはずです。それがなぜ次々と「くだらないこと」になるのか。それらが「一つのくだらないこと」によって「くだらないこと」に変換されているとは考えられないでしょうか。

「一つのくだらないこと」が会社の規則なのか、風土なのか、上司なのか、同僚なのか、部下なのか、それとも自分自身なのかは分かりません。実際はそれらが複雑に組み合わさって一つになっているのでしょう。

理系の理屈で表現すると

y=f(x)
 x:各作業
 関数f:作業を「くだらないこと」に変換する要素の集合体
 y:自分の目の前に現れる「くだらないこと」

と、こんな感じでしょうか。

それではどうしたら良いのか、が気になるところですが、それはまた別の話で。

JUGEMテーマ:オススメの本

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 12:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM