<< 夢をかなえるゾウ | main | 脳が冴える15の習慣 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

王様の速読術


こんばんは。

ちょっと前に買ってほったらかしていた王様の速読術を読んでみました。何でほったらかしていたかと言うと、「買ったはいいけどこれはどう考えてもしょうもないやろ」と思っていたからで、読んでみたら結構面白かった。



速読という技術も日々進歩しているらしく、著者曰く第3世代の速読がいわゆるフォトリーディングってやつで、本書はそれまでの速読を組み合わせて発展させた第4世代ということらしい。速読の概要は2章に書かれていて、たとえばフォトリーディングについてかかれているあなたもいままでの10倍速く本が読めると時間配分が違う程度かなという印象。

30分で読む方法は
・最初の5分でプレビュー
・次の5分で写真読み
・最後の20分でスキミング
ということで、
これをあなたもいままでの10倍速く本が読めるで使われる言葉に置き換えると、
・最初の5分で準備とプレビュー
・次の5分でフォトリーディング
・最後の20分で高速リーディング
と言ってるんだな。

フォトリーディング系の速読って、例えがおかしい気もするけどイメージ的には、色塗りをするときに端から真っ黒なペンでカリカリ塗っていくんじゃなくて、薄めたインクを刷毛で全体をさっと下塗りして、次にもう少し濃くしたインクで塗ってを繰り返す感じだ。

3章ではそれぞれの目的に応じてどこに時間をかけるとか、こういう読み方をするとか、丁寧に書かれている。どちらかだけを読むとするなら王様の速読術かなと思うけど、10倍速くを読んだことがあってある程度実践できている人ならそれで十分かもしれんな。

10倍速くは速読で通常の読み方よりも理解が深まるような書き方をしていたけど、王様の速読術は理解力を8割にしてでも速くたくさん読むことに価値があるんだと言っている。速く読むこと自体の効果を過大評価しすぎないあたりに好感が持てるよな。ゆっくり読むことにも意味はあるだろうし。とはいえ、情報過多な世の中で、意見の対立するものもたくさんある中で、バランスよく全体を俯瞰するためにはざっと全体を見渡す必要があるわけで、その目的のためなら速読というものの技術が完全でなくても有効に機能する手法だと思う。

だと思いつつなかなかむずかしいんだよなー。練習中です。

JUGEMテーマ:ビジネス書
↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

スポンサーサイト

↓ ここまで読まれた方はポチっとお願いします。クリックしていただけると励みになります。
ブログランキング にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
  • 2008.12.13 Saturday
  • -
  • 23:40
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
profile
categories
参加中のランキング
当ブログは今何位?おかげさまでそれなりにがんばってます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ ブログランキング【くつろぐ】
あしあと
ブログピープル
BlogPeople登録
  ********
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM